万能成分ビタミンC誘導体とは?
ビタミンCには抗酸化作用があり、肌が酸化(老化)するのを抑えてくれるので
シミ、シワ、ニキビにと幅広い効果を発揮します。



ビタミンCそのものはとても不安定な成分であり、そのままでは肌に浸透しづらいため、別のものと結び付けて浸透しやすくしたものがビタミンC誘導体なのです。



ビタミンC誘導体の中でもリン酸型と呼ばれるタイプのものが、特に浸透しやすいので抗酸化作用の効果が高いとされています。


成分表示では

・リン酸アスコルビル
・アスコルビン酸リン酸Na
・リン酸アスコルビルMg

と表示されているものが、リン酸型のビタミンC誘導体です。



また、ビタミンC誘導体は水に溶けやすい成分なので、クリームに配合するよりも化粧水に配合されている方が、安定して入っています。


金沢市にある毛穴専門店PORELESS SALON Bebe(ポアレスサロン ベベ)からのお知らせでした。
万能成分ビタミンC誘導体とは?