茶ぐまは摩擦や紫外線に気を付けましょう
茶ぐまに関しては、くま部分を引っ張っても上から見ても、特に変化はありません。


目の周りに小さなシミやくすみが集まって出来たものがくまのように見え、それが茶ぐまと呼ばれるのです。


茶ぐまの原因になるのは紫外線の他に、目がかゆくてこすったり、アイメイクを落とす時に強くこすったりする事も当てはまります。シミなどの原因であるメラニンは、紫外線の他に摩擦による刺激でも出来てしまいます。


出来てしまったメラニンを排出するには、美白系の化粧品でスキンケアをする必要があります。
メラニンの排出を促してくれるビタミンC誘導体が配合された化粧水や、美白成分が配合された美容液やクリームを使っていきましょう。


勿論新しくメラニンを作らないためにも、紫外線対策を行う必要もあります。
日焼け止めやファンデーションで肌をしっかりとガードをして、UV加工のされたサングラスを掛けて徹底した対策を心掛けましょう。


また、ピーリングをする事によっても効果が期待できます。
フルーツ酸が配合された洗い流すタイプのもので、週に1回程ケアをしていきましょう。
目の周りの皮膚は薄くデリケートで、ジェルなどのこするタイプのものを使うのは逆効果
になりますので、使うのはやめましょう。


金沢市にある毛穴専門店PORELESS SALON Bebe(ポアレスサロン ベベ)からのお知らせでした。
茶ぐまは摩擦や紫外線に気を付けましょう