セラミドを落とさないよう気を付けましょう
皮脂と同じく、セラミドを合成する力は年齢と共に減っていきます。
ですが若い人でも乾燥肌が多いというのは、やはりセラミドが少なくなっているという事です。



何故セラミドが少なくなっているのかと言いますと、それは日頃の過剰なスキンケアで、セラミドも一緒に落としてしまっているからなのです。



クレンジングで汚れを落とそうと、オイルタイプのものを使ったりガシガシと肌を擦ってはいませんか?



強めにクレンジングは汚れもセラミドも落としてしまいますので、ジェルタイプのものを使ったりなどソフトなクレンジングを心掛けましょう。



また、界面活性剤を多く含む化粧品もセラミドを奪ってしまうものなので、使用を控えましょう。



界面活性剤とは、混ざり合わないと言われる水と油の橋渡しをしている成分です。
メイク(油分)を油分で落として、水で洗い流すという事が出来るようになるため、クレンジングや泡立ちの良い洗顔などに含まれています。
更には、リキッドファンデーションにも多く含まれています。



界面活性剤自体は悪いものではないですが、多く含まれているものに関しては注意しましょう。

セラミドを落とさないよう気を付けましょう