セラミドの正体とその役割
最近はセラミドが配合されたスキンケア商品が次々と販売されていますが
セラミドというものがどのような成分なのか、まだよくわからない方がたくさんいらっしゃると思います。



セラミドは本来、お肌の表面の1番上にある角質層に存在しているものなのです。



角質層とは核を持たない角質細胞の集まりで、やがては垢として剥がれ落ちていくものであり、水分が逃げるのを防いでくれたり外的刺激から守ってくれたりする役割があります。



そのレンガの様に積み重なっている角質細胞の間に、セメントの様に存在しているのがセラミドです。



そのセメントであるセラミドが何らかの理由で少なくなってしまうと
レンガの間から水分が逃げてしまい、お肌が乾燥してしまうのです。



更には角質細胞に隙間が出来てしまうので、外的刺激を受けやすくなってしまい、外気に触れたりいつも使っているお化粧品を使うだけでも、かゆみや赤みが出てしまうなどの敏感肌になってしまいます。

セラミドの正体とその役割