日焼け止め以外でもUVケアをしましょう
「外に出ないからUVケアは大丈夫!」と思っている方もいると思います。
ですが、紫外線は屋内でも日陰でも関係なく降り注いでいます。



日焼け止めを塗るのも良いですが、UV加工のされたカーディガンや、ストールなどを身に付けると良いでしょう。



そして意外にも気を付けなければいけないのがサングラスです。
サングラスを付けることによって、視界が暗くなり瞳孔が開いてしまいます。瞳孔が開くということは、光と同時に紫外線も多く取り入れてしまうのです。



目に紫外線が入ってしまうと、脳が身体全体に紫外線を浴びてしまったと認識してしまい、結果的に日焼けをしてしまいます。
なのでサングラスを付ける際には、しっかりとUV加工を施したサングラスを選ぶことが必須です。



コンタクトを使っている人は、UV加工を施したコンタクトレンズを選ぶのも、UVケアをするのに最適です。

日焼け止め以外でもUVケアをしましょう