UVケアをしないと、紫外線で肌はどうなってしまうのか
ジメジメとした梅雨が終わり、これから紫外線がたっぷり降り注ぐ夏本番に差し掛かります。


UVケアをするかしないかはその人の自由ではありますが、自分の将来の肌の状態を左右するのは自分自身です。


「まだ若いからUVケアは大丈夫!」と思ってる方は、紫外線を浴び続けた肌がどうなっていくかはご存知でしょうか?


紫外線を浴びると出てくるのは、日焼けだけではありません。
今は日焼けだけで済んでも、将来は様々な症状が出てきてしまいます。


綺麗な肌を保つためにも、UVケアは季節関係なく必須です。
そして、紫外線が肌にどんな影響を及ぼすかを知っておく必要があります。



紫外線は目に見えないものであり、肌に与えたダメージがすぐに表面には現れない事から、なかなかUVケアをする気にはなれないかと思われます。



ですがいつの間にか日焼けをしていたりシミが出来てしまったりと、目に見えない所で着々とダメージが進んでいるのが、紫外線の怖いところです。



更に紫外線の怖いところは、日焼けやシミだけではなくシワやたるみも引き起こしてしまいます。



紫外線にはA波とB波という波長の違う2種類のものが存在します。
肌の上部分の表皮にダメージを与え、日焼けを起こすのがB波。
表皮よりも奥の方の真皮にあるコラーゲンにダメージを与え、シワやたるみを引き起こすのがA波。
そしてA波とB波両方の影響により、シミも引き起こします。



更にA波は雲やガラスも突き通してしまうので、曇の日や屋内にいる時でも紫外線ダメージを受けてしまいます。



日焼けはもちろん怖いですが、特にA波は肌の奥の真皮層にまでダメージを与えてシワやたるみを作ってしまう原因にもなっていますので、屋内にいる時でも侮れません。


 UVケアをしないと、紫外線で肌はどうなってしまうのか