古い角質が落ちなくなるのには、5つの原因があります
一つでも当てはまっていると自然に角質が落ちにくくなります。
①乾燥
②紫外線
③摩擦
④ビタミン不足
⑤加齢

①乾燥

○乾燥、肌の代謝機能がしっかり働かず、健康な細胞が生まれにくく不要な角質もはがれにくくなります。その結果、肌表面に古い角質が蓄積するのです。

②紫外線

○紫外線、強い紫外線を浴びると、肌はその紫外線から体を守ろうとします。つまり、肌内部に刺激や異物が侵入してしまうのをガードする防御反応が働きます。その結果、肌を厚くしようし、角質が溜まりやすくなります。

③摩擦

○摩擦、洗顔時の泡立てが不十分だと指の刺激が肌に直接伝わってしまいますし、タオルで顔を拭くときもこすりすぎる吹き方をすると、それがまた肌にとって刺激になることがあります。こういった摩擦などの刺激も肌を守ろうとする働きを活発にし、角質肥厚につながります。

④ビタミン不足

○ビタミン不足、ビタミンB類やビタミンAは新陳代謝に関係するビタミンになります。それが不足すると細胞生まれ変わりにくくなり古い角質が溜まりやすい原因になります。

⑤加齢

○加齢、年齢によって体全体の新陳代謝が落ちてターンオーバーもスムーズ行われなくまります。肌の傷が治りにくくなった、シワが増えた、シミが目立つ、そんな方は新陳代謝が落ちターンオーバーがスムーズに行われていない可能性があると疑ってみてしっかりと、ケアしていった方がいいかもしれないです。
ターンオーバーを正常に戻すには一度ご相談ください。
ブライトアップという最適なお手入れがございます。
古い角質が落ちなくなるのには、5つの原因があります