日焼けで黒くなったお肌にはピーリングでケアを
お肌は本来、新しい皮膚が作られてから28日で垢となって剥がれ落ちていくというサイクルを繰り返しています。
これを肌のターンオーバー(新陳代謝)といいます。



10代の頃や年齢が若い頃はターンオーバーが1番正常に機能しているので、日焼けして黒くなってしまっても、ロケット鉛筆のようにすぐに新しい皮膚が作られて本来の肌の色が戻っていく仕組みになっているのですが



乾燥や生活習慣の乱れや、更には加齢等によって肌のターンオーバー(新陳代謝)に乱れが起こってしまうと、お肌の表面の角質が垢になる前に新しい皮膚がどんどん作られてしまって、お肌に厚みが出来てしまいます。


その結果、お肌の内部にいるメラニンが排出されず残ったままで、日焼け跡が消えなかったりシミになったりもしてしまうのです。



その乱れたターンオーバーを正してあげるためにも、ピーリングでお肌の表面にたまった古い角質(排出されず残ってしまったメラニン)を取り除いてあげましょう。

石川県金沢市にある毛穴専門エステ
K先生より

日焼けで黒くなったお肌にはピーリングでケアを